用意しておいた文面を無視したスピーチ


自分たちの結婚式で、夫の友人がしてくれたスピーチが面白くて心に残っています。
私たちは津島神社という所で結婚式を挙げました。
神社の中には披露宴をする場所はなかったので、式の後に近くのレストランへ移動して披露宴を行いました。
レストランを貸切にしてもらって、そこで披露宴を行いました。

少し大きな個人の家みたいなレストランだったので、アットホームな感じの披露宴になりました。
披露宴中に友人からスピーチをしてもらう約束になっていて、特に夫の友人からのスピーチは少々不安がありました。
夫の友人は面白い人が多くて、夫ともとても仲が良いのですが、友人同士で集まるとふざけすぎてしまう所がありました。
今回の結婚式では互の親戚や会社の人も来てくれていたので、あまりふざけたスピーチはしないでほしいなと思っていました。
しかし当日までスピーチの内容は聞いていなかったので、夫の友人のスピーチの時はかなり緊張しました。

夫の友人のスピーチが始まりました。
なんと夫の友人は、きちんと用意しておいた文面を破り捨てて、なぜか思いついた事を話す形式に直前で変えてしまいました。
私はかなり驚いて夫に止めてくれるように頼んだのですが、
披露宴の最中に止める余裕はなかったのでそのままスピーチが始まってしまいました。
私は余計に緊張してしまいました。

夫の友人は、夫がとても良い人で自分ととても仲が良い事を話し始めました。
だから夫がまだ誰とも付き合っていなかった時に、自分が夫に見合う人を探してあげたかったと話しました。
夫の恋愛がうまくいくように、一人で恋愛で有名な神社にお参りに行った事なども話していました。
夫が私との結婚を決めた事を聞いた時には、とても嬉しかったそうです。
とにかく夫の事を褒めちぎり、どんなに夫の事を好きなのかを延々と話していました。
内容は面白かったのですが、決まった文面がないせいなのかダラダラと長いスピーチになっていました。
私的にはやはり用意してくれていた物を読んで欲しかったです。
夫はとても喜んでいたので、良かったのだと思います。

コメントを残す

*

このページの先頭へ