一番面白かったスピーチ


私は今まで何度か結婚式に参加していますが、大体は至って普通のスピーチでした。
ですが、高校生の頃にいとこ(男性)の結婚式に参加したとき、面白くて仕方ないスピーチに出会いました。
スピーチをしたのは、いとこと小さい頃からの友人というAさんです。

私はそのスピーチを聞いているとき、この人は酔っ払っているのだろうかと思いました。
なにせ、いとこの恥ずかしい話ばかりするのです。

ですが、その内容とAさんの話し方が面白くてしょうがなく、私はずっと爆笑していました。
しかし、そんな話の中で下品な話が一個も無かったのが、逆に凄いなと感心してしまいました。
受けていたからこそ下品な話にならなかったと思うのですが、もし受けていなかったらと思うとゾッとします。
いとこの小さい頃の話、奥さんとの馴れ初め、部活での話など、いくら幼馴染とはいえどうしてそこまで知ってるんだ、テレビの番組かと突っ込みたくなるくらい細かい話満載でした。

スピーチというと、聞いている側は暇というイメージがあったので、そのときのスピーチには本当に驚かされました。
私が高校生のころというと、残念なことにかなり前のことなのですが、鮮明に思い出すことができるくらい思い出に残っています。

いとこの家に遊びに行くと、未だにあのときの話になって盛り上がります。
いとこには申し訳ないですが、まだまだ話のネタになりそうです。

私はまだスピーチの経験が無いので、もし頼まれたら、Aさんみたいに人を惹きつけられるスピーチをしたいです。
実は結婚式の後にAさんとお話したのですが、あのスピーチは一週間くらい推敲しながら考えたそうです。
あんな面白いスピーチがそんな努力から生み出されていたことを考えると、自分も頑張らないとと思ってしまいます。
恥ずかしい話をするかどうかは別にして、少なくとも、人に飽きられないでずっと聞いていられるスピーチをしたいです。
今のうちから、友人たちとのエピソードを思い出しておくことにします。

コメントを残す

*

このページの先頭へ